限界☆突破力養成コーチング

いにしえのサムライ達の智慧と最新心理学NLPの融合

限界は誰が決めたのか?

制限的ビリーフと力づけのビリーフ

 

​あなたの可能性を制限する心のストッパー、心のブレーキを制限的ビリーフと言います

​限界の正体”制限的ビリーフ”を知ることが、思い込みの檻から解放のカギ

私にはできない......

私には無理......

私にはそんな才能ないから......

そんなこと、出来るわけがない......


それって、誰が決めたのですか?

上司ですか?

 

両親ですか?

 

遺伝子?

「出来ない」「無理」「才能がない」

 

.......それって全部あなたが決めたことですよ

ここまで読んで、まだ、なんか納得できない方は

以下の話を読んでみてください。

****************************

かつて、陸上競技には1マイル走という競技がありました。

1マイルなので、だいたい1600メートルくらいです。

1923年にフィンランドのパーヴォ・ヌルミが1マイル4分10秒3の記録を樹立しました。

この記録は、それまで37年間も破られずにいた記録を2秒も更新する驚異的な世界記録だったのです。

37年間でたった2秒しか記録が縮まらなかったのです。

だから、もうこれ以上の記録は出せないだろうと専門家は断言し、

人類は1マイル4分を切ることは不可能というのが世界の常識とされていました。


世界中のトップランナー達も「1マイル4分」を「brick wall(れんがの壁)」として

「超えられないもの」、絶対に越えられない限界と考えていました。

そりゃそうですよね、37年間ですよ。

37年間で2秒しか記録が縮まらないのですから。

ところが、

 

1954年5月6日

 

オックスフォード大学医学生だっがロジャー・バニスターが、

人類に不可能とされていた1マイル4分の限界を突破し、

1マイルを3分59秒4で走り、世界で初めて1マイル3分台の記録を打ち立てたのです。

医学生ですよ!!

 

体育大学の学生ではなくて、

将来、医師になるべく難しい勉強をしている医学生が4分の限界を突破できたのです。

そして、46日後の1954年6月21日

 

オーストラリアのジョン・ランディが3分58秒で走り、

バニスターの記録はすぐに破られてしまいました。

 

さらに、1年間にランディを含め5人もの選手が

「1マイル4分」の限界を突破できたです。

ロジャー・バニスター.jpg

これは、スポーツメンタルコーチの間では有名な話で、

『最初から絶対無理だと決めてかかっていると、

実際に記録を破る力があっても力を出し切れないまま失敗してしまう』

ことの実例としてよく紹介されます。


あなたは、忘れてしまっているかもしれませんが、

今までの人生で、誰かから


「お前には無理」


「できるわけがない」


「そんなことできるのは一部の才能があるひとだけ」


「普通の人間には無理」


「凡人には出来ない」


と言われ続けてきたから、そう信じちゃただけなのです。

歴代アメリカ合衆国大統領も利用している

最新実践心理学NLP(神経言語プログラミング)の前提に

『誰かに出来ることなら、自分にもできる。(あとは、そのやり方を知るだけ)』

 

というものがあります。

あなたが出来ないのは、あなたに才能や能力がないのではなく、

あなたがやり方を知らないだけなのです。


さあ、もう一度、聞きます


「出来ない」「無理」「才能がない」という限界は誰が決めたのですか?

そう、あなた自身ですよね。

あなた自身が決めたことだから、

あなた自身がロジャー・バニスターのように、

「それは出来る」と決めれば、出来るのです。


「そんなこと言われても、やり方わからないし......」

大丈夫です。あなたは、限界☆突破力養成コーチングを受けることにより、

限界☆突破するためのマインドセット胆力を養うことが出来ます。

(詳しくは後ほど説明しますのでご安心を)


武道の方法論と最新実践心理学NLPのハイブリッドで、

あなたの限界☆突破力を養成します。

まずは一度、体験して、その効果を実感してみて下さい。

◆◆◆体験者の声◆◆◆


□セッションありがとうございました。
セッション後すぐに長年探し求めていた場所と生き方の方向性が決まりました。
すべて整理し一から出発する事になりました。
受けて本当に良かったです。

□最初は時間が長いんじゃないか?とも思いましたが始まってみるとアッと言うまでした。
頭の中が整理できていなかったのがお陰様でスッキリすることができました。
進捗ありましたらご報告させていただきます。
ありがとうございました。

□思った以上に目標に向かって前進しました。ありがとうございました。

□3ヶ月後、6ヶ月後、1年後、と未来をイメージしながら、

目標を具体的にしていくプロセスがとても新鮮で良かったです。

□この度はありがとうございました。初めての体験でしたが、夢の実現に向け
今やるべきことも見えてきました。早速、今日からできることに取り組んでいきます!

□おかげさまで心の整理がつきました。ありがとうございました!

□とてもスムーズで力強いセッションでした☆ 
素敵なご縁をありがとうございました。

また機会ございましたらよろしくお願いいたします。
 

注) NLPとは、Neuro Linguistic Programming(神経言語プログラミング)の略です。 人間は、「神経」(=五感【視覚・聴覚・味覚・嗅覚・触覚】)と、「言語/非言語」の脳での意味づけによって物事を認識し、体験を記憶しています。NLPでは、そのプログラミングの構造を科学的なアプローチも交えて学問的に明らかにし、さらにそれを組み立てなおす (リプログラムする)ことを可能にする実践的方法を開発してきました。また、NLPはコミュニケーションに関する学問だ、とも言われています。NLPには、コミュニケーションを改善していくスキルがたくさんあります。

今だけ!!【初めての方限定】

『限界☆突破力養成コーチング』


通常2万円のセッションを4,000円で体験していただけます。

しかも、通常60分20,000円のところを30分延長して、90分。

あなたは自分で決めた限界に囚われたままでいることもできます

そして、自分で限界☆突破することを決めることもできます

​決めるのはあなた次第です。

 

​宮本武蔵は、なぜ勝ち続けたのか?

体気・動功・制御から読み解く五輪の書

ビジネスの極意書としても読まれる五輪の書、しかし、体気・動功・制御を知らなければ、ビジネスでのブレイクスルーは出来ない

決闘を申し込まれ、数十人の刀や槍をもった武術達と

一人で戦わなければならない。

現代ではありえない状況ですが、時は戦国の時代は既に終わりを告げたとはいえ、サムライ達が己の名誉と主君のために戦った時代です。逃げるわけにいきません。

こんな絶対絶命、突破困難な状況を、

見事に切り抜けた武人がいます。

皆さん、ご存じの宮本武蔵です。

武道は「体気・動功・制御」の3つがなければ、武道ではないと我々は考えます。

1978040.jpg

体気(たいき)

体気とは、「呼吸」です。呼吸は生物が生きていくために必要です。そして、呼吸は我々が活動するエネルギーを細胞レベルで生み出してくれます。

どのような呼吸をするかによって自分自身の心が変わってきます。早く浅い呼吸をする人は、気持ちが浮ついて、イライラしたり、緊張したりします。

 

逆にゆっくりと深い呼吸をする人は、静かに落ち着いた、ゆったりとした気持ちでいられます。

 

そして、呼吸と体の動きをうまく合わせると最も有効にエネルギーを生み出せるのです。

動功(どうこう)

 

動功とは「体の有効な使い方」です。武術・武道、スポーツ、すべてに共通した最も効果的な体の使い方があります。

 

言い換えると、物理的エネルギーをもっとも効果的に利用する方法と言っても良いかもしれません。自分自身や他者にエネルギーを作用させることで、自分の体を動かしたり、相手を倒したりします。

 

物理的エネルギーの使い方で見ると、個人だけでなく、組織や社会を効果的に動かす方法とも言えます。武蔵は五輪の書の中で「一分の兵法」「大部の兵法」という言葉を使い、個人で戦うのも集団で戦うのも同じであると述べています。

 

動功は体気(呼吸)とも関連しています。もっとも分かりやすいのは姿勢との関連です。猫背で肩をすぼめたような姿勢では、大きく深い呼吸をしにくいです。逆に胸を張って、背中を反ったような姿勢が度を過ぎると、今度は吸った息を吐くのが難しくなります。

呼吸が気持ちと関係してくるのは、先に述べた通りですが、体の動きや姿勢も気持ちに影響してくるのです。

制御(せいぎょ)

 

制御とは「効果的に相手を制する方法」です。相手だけでなく、状況、場、コミュニティ、自分自身等々、何でも応用できます。

 

自分に向かってくるエネルギーをコントロールすると言い換えてもいいかもしれません。

 

もちろん、気持ちが不安定な状況、気持ちが舞い上がった状況、気持ちが落ち込んだ状況では、コントロールできるものも出来なくなってしまいます。

 

ですので、自分自身を心と体をコントロールすることが重要となってくるのです。

宮本武蔵は、武術の達人ですので、体気・動功・制御のことをよく理解し、同時に実践することが出来たので、1対数10人という突破不可能と思われるような状況を切り抜けることが出来たのです。

三元相関.jpg

時は流れ、時代は令和。

斬った、殺したが許される時代ではありません。


では、武術、武道の教えは意味がないのか?

答えはNoです。

武道の教えを現代社会に応用できてこそ、真の武道であると我々は考えます。

新陰流の開祖 上泉伊勢守信綱の言葉に

「兵法は日々新たならずば、戦場戦士の当用の役に立たず」

​というものがあります。

武道、武術というものは時代の変化に合わせて、進化・発展していく必要があるという教えです。

戦国時代より前は、刀、槍、弓矢で戦っていました

この時代には従来の剣術が通用していました。

そして、種子島に鉄砲が伝来して、戦場での戦い方が大きく様変わりしました。

そのような時代の中で述べられた言葉が、

「兵法は日々新たならずば、戦場戦士の当用の役に立たず」

なのです。

​そして、私が道場で教えている武道 ”躰道(たいどう)”は第2次世界大戦末期、特殊潜航艇(いわゆる、人間魚雷)”蛟竜”の乗組員だった祝嶺正献最高師範が一撃必中の命を受け、どうしたら敵艦を確実に沈めることが出来るだろうかと思案の中、命を懸けた究極の限界の中から生み出された武道です。

そして、躰道は戦後、「人間が人間のために行う武道、社会で社会のために役に立つ武道」として誕生したのです。

私がNLP(神経言語プログラミング)コーチングを学ぶ中で、日本で生まれた躰道の理論と、アメリカで生まれたNLPの理論には根底に多くの共通点があることに気づきました。

 

限界☆突破力養成コーチングは、日本で生まれた日本人に合った日本人のためのコーチングとも言えます。

上泉伊勢守信綱.jpg

武道とNLP(神経言語プログラミング)

との関係は?

武道は、究極の非言語コミュニケーション

 

​武道は経験的に人間の知覚と情報処理の仕方を蓄積してきました。NLPは知覚と情報処理のパターンを科学的に解明してきました。何故、各分野の専門知識がなくても、コーチングが成立するのか?

武道には『一眼二足三胆四力』という教えがあります。

武道に大切な要素の順番です。

​『一眼二足三胆四力』の教えをNLP的に解読してみたいと思います。

1.眼


人間は情報の多くを眼から取り込みます。

もちろん、眼だけでなく、実際には五感(見る、聞く、触れる、嗅ぐ、味わう)を使うのですが、武道においては知覚情報として眼を重視してきた言葉だと思います。

実際には武道においては、眼法、聴法、身法と言って、五感をフルに鍛錬する方法があるのですが、ここでは一旦置いておきます。

いずれにせよ、五感から取り込んだすべての情報を瞬時に判断し、アウトプットとして状況に応じた行動をとる必要あります。それが出来なければ、戦国の世であれば、即討ち死にです。

 

ですので、武道では情報のインプットから、判断、アウトプットまでを正確に、しかも可能な限り早く行う必要があります。

 

これを武道では直視判断と言います。この直視判断する能力、直視判断力を究極的に高める訓練をします。

 

NLPでは、人間は1秒間に1100万ビットの情報を取り込んでいると言われています。そして、意識に挙がってくるのは126ビットだけだと言われています。全部意識に挙がってくると脳がパンクしてしまいます。

 

人間は1100万ビットの情報を、無意識に削除、歪曲、省略、一般化して、意識に挙がってくる126ビットを選択しているのです。詳しく話すと、本が1冊かけるくらい難しいので、ここでは無意識に情報を選択していると覚えてください。

126ビットの選択の仕方には一定のパターンがあり、武道では、それを利用して相手を制する技があります。

 

逆を言うと、自分が相手にやられないためには、どの126ビットの情報を意識に上げるかというのは非常に大事です。ですので、武道では、適切な126ビットの選択が出来る訓練をします。

一般社会でも、瞬時にどの126ビットを拾い上げるかは、その後、自分がどのような行動をとるかを決める重要な要素です。限界☆突破力養成コーチングでは、あなたが瞬時に適切は126ビットを選択できるようにコーチングします。

2.足


武道では運足(フットワーク)ですが、現代人では行動力ですね。NLPでは、何か行動を起こすことを止めているものがあれば、それを特定し、行動力を増すようなものに書き換えていきます。

NLPには、行動するためのモチベーションを上げる方法方もあります。実はこれも五感を使っていきます。

 

3.胆力
 

要は度胸です。冷静に落ち着いて自分をコントロールする能力です。ときには気合いを入れて行動を促進する力にもなります。これが呼吸と姿勢に関連していることは先に述べた通りです。

NLPではステート(精神状態)をコントロールするための様々なテクニックがあります。

4.力


武道では力学的な”力”筋力や瞬発力などです。

現代社会に当てはめて考えると、筋力、瞬発力等々だけではなく、それぞれの職業やスポーツ等の技術や知識とも言えます。これが一番順番としては低いのです。

 

いくら技術や知識があっても、直視判断力、行動力、胆力がないと十分に効果が発揮できないのです

 

練習ではうまくいくけど、本番になると実力を発揮できない選手はスポーツ界ではよく見かけますよね。


 

武道の教えと最新実践心理学NLPの理論で、まずは五感からインプットされた1100万ビットの情報を、適切な126ビットに絞り込む(直視判断力)

 

そして、五感を使ってモチベーションを上げて、行動力を引き出す

さらに呼吸と姿勢、五感を使って、適切なステート(精神状態)を作り出す(胆力)

どんな困難な状況も克服できる直視判断力、行動力、胆力を養成する。それが、『限界☆突破力コーチング』です。

 

武道の行動法則には

 

後の先

 

対の先

 

先の先

 

​の3つがあります。

 

後の先とは、後出しじゃんけんのようなもので、相手の出方に応じて、こちらが攻撃する動き方です。いわゆる、待ちの姿勢です。

 

対の先では相手よりも先に攻撃を仕掛ける動きです。先手必勝の動きです。

 

先の先とは、文字通り、先の先を読んで攻撃を仕掛ける動きです。将棋で言えば、何十手も先を読んで一手を打つ。我々が将棋を打つときにはせいぜい数手先しか読めませんが、名人では何十手先を読みながら、一手を打っています。

 

覚えていますか?NLP前提のひとる

『誰かに出来ることなら、自分にもできる。(あとは、そのやり方を知るだけ)』

そうです。あなたにも先の先の力があるのです。ただ、やり方を知らないだけ。

そして、あなたがあなたの未来の先の先を予測して、今、あなたが行動すれば、あなたが欲しい未来を手に入れることができるのです。

​すべてはあなた次第です。
 

今だけ!!【初めての方限定】

『限界☆突破力養成コーチング』


通常2万円のセッションを4,000円で体験していただけます。

しかも、通常60分20,000円のところを30分延長して、90分。

あなたは自分で決めた限界に囚われたままでいることもできます

そして、自分で限界☆突破することを決めることもできます

​決めるのはあなた次第です。